柳田大輝さんは陸上競技の注目選手として知られ、オリンピックにも出場。

その才能は元走り幅跳び選手の父親七種競技出身の母親両親から受け継ぎ、2人の弟たちもまた陸上選手であることがわかりました。この記事では、

柳田大輝の弟は2人で陸上選手!
柳田大輝の両親(父・母)も陸上経験者
柳田大輝の祖父も軽トラで応援
柳田大輝の経歴プロフィール

についてお伝えします。

スポンサーリンク

柳田大輝の弟は2人で陸上選手!

出典元:本人インスタ

柳田大輝の弟は2人で、陸上選手です。次男は聖人さん、三男は聖大さん。

柳田大輝の3兄弟

長男:柳田大輝(20歳)
次男:柳田聖人(19歳)
三男:柳田聖大(17歳)

兄弟3人とも、群馬県高崎市の東京農業大学第二高等学校出身

2022年に行われた栃木のインターハイでは、3人揃って出場しています。

柳田大輝の弟:柳田聖人

柳田大輝の1つ下の弟、柳田聖人(やなぎたきよと)さんの情報はこちら。

生年月日:2004年
年齢:19歳
大学:東洋大学法学部法学科2年生

種目:400mハードル、400mリレー

成績はこちらです。

【2022年】

インターハイ「四国総体2022」
・男子4✖︎400mリレー 決勝3分11秒14秒95 第2位  ※群馬県新記録更新!!
・男子400mハードル  準決勝52秒16 第4位

【2023年】

第102回関東インカレ
・男子1部400mハードル 予選3位 51秒65  準決勝進出

【2024年】

第103回関東インカレ
・男子1部400mハードル 決勝7位 51秒10

お兄さん同様、実力がありこれからの活躍が期待されます。

スポンサーリンク

柳田聖大

 

柳田大輝の3つ下の弟、柳田聖大(やなぎたあきひろ)さんの情報はこちら。

生年月日:2006年
年齢:17歳
高校:東京農業大学第二高等学校3年生

種目:走り幅跳び

成績はこちら。

【2022年】

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」 男子走り幅跳び 7m 13 優勝

【2023年】

北関東高校陸上  男子走り幅跳び 7m23 優勝

【2024年】

全国高等学校リモート陸上競技大会 出場

柳田大輝の弟たちは彼と同様に陸上競技に取り組んでおり、その実績も注目されています。彼らはそれぞれのカテゴリーで優れた成績を収め、将来的にはさらなる成長が期待されています。彼らの成功は、家族全体の努力とサポートに支えられています。

スポンサーリンク

柳田大輝の両親(父・母)も陸上経験者

柳田大輝の父親は元陸上競技者であり、自身も若い頃から短距離走の分野で活躍していました。母親もまた、学生時代に運動競技に親しんでおり、家庭環境がスポーツに囲まれたものでした。このような家庭で育ったことが、柳田大輝と彼の兄弟たちにとって大きな影響を与えました。

柳田家は常にスポーツを重んじ、子どもたちにもその楽しさと競技の精神を教えることに力を入れてきました。特に陸上競技は家族の伝統的な関心事であり、その中で彼らは自然に競技を楽しむことができました。父親と母親の共通の関心事である陸上競技が、子供たちに影響を与え、才能を育んでいったのです。

スポンサーリンク

柳田大輝の祖父も軽トラで応援

スポンサーリンク

柳田大輝の経歴プロフィール

スポンサーリンク

まとめ

柳田大輝の弟2人が陸上選手であり、両親もまた競技経験者であるという家族の背景は、彼らの成功に大きな影響を与えています。家族全員がスポーツに親しんでおり、その中で育まれた才能と情熱が、彼らの競技人生を支えています。今後も彼らの活躍に注目が集まることは間違いありません。

スポンサーリンク