作新学院小川哲平さんは、中学時代から140キロ超えの球速で注目され、ドラフト候補と言われています。

小川哲平wiki風プロフィール出身小学校や中学校、学生時代の球歴もきになりますね。この記事では、

・【作新学院】小川哲平のwiki風プロフィール!
・小川哲平の出身小学校や中学校など
・小川哲平の球歴

についてお伝えします。

スポンサーリンク

【作新学院】小川哲平のwiki風プロフィール

作新学院の小川哲平選手のwiki風プロフィールをお伝えします。

小川哲平選手のwiki風プロフィール
出身地 栃木県日光市
生年月日 2006年5月2日
年齢 17歳(高校3年生)
身長 183cm
体重 92kg
ポジション 投手

右投げ右打ち。江川2世と呼ばれ、2024年ドラフト1位候補と言われています。

背番号は?

背番号は1です。高校野球は背番号とポジションが一致し、1番がピッチャー。1番となる可能性は高いです。

1年生の時は11番をつけたり、2年生の大会ではエース番号と呼ばれる背番号18をつけていることもありました。チームにより異なりますし、何番をつけなければと言う決まりは特にないそうです。

球速や球種は?

現時点最速147キロ。高校1年生の秋に記録しました。球種はストレートとカーブスライダーやチェンジアップなど。

わかっていても140kmもあれば速さについていけなさそうですよね。初めて140キロを超えたのは中学2年生の秋だそう。将来が楽しみですね。

スポンサーリンク

小川哲平の出身小学校や中学校など

小川哲平の出身小学校と中学校を紹介します。

出身小学校:落合東小学校

小川哲平の出身小学校は栃木県日光市立落合東小学校です。

各学年、約30人ずつの小規模な学校ですね。都心から離れた、畑や田んぼに囲まれた静かなところにあるようです。

小川哲平さんは、小学校卒業時にはすでに身長は174cmありました。

出身中学校:落合中学校

小川哲平の出身中学校は栃木県日光市立落合中学校です。

全校生徒は162人の小さな中学校。

身長は中学校で180cmを超えます。かなり高く、注目されていたでしょうね。

スポンサーリンク

小川哲平の球歴

小川哲平の球歴をご紹介します。

小学生時代:球速120キロ

小学1年生から軟式野球を始め、小学6年生の時点で球速は120kmを記録

「レッドコートトレーニング」という体に負担をかけずに体幹を鍛えるトレーニングで、フォームの再現性、安定感が高まったようです。

中学生時代:球速144キロ

軟式の野球部「落合東フェニックス」に所属。

1年生秋 県内の新人選で134キロ。入学して半年で14kmスピードアップ。

2年生の時に選抜チームALL栃木に選ばれ、

第23回関東・東北・北信越少年(中学)新人軟式野球大会で優勝

 

2年生の秋、千葉の選抜チームとの対戦でノーヒットノーランと144kmを達成

3年生の秋、第12回文部科学大臣は以前日本少年春季軟式野球大会にピッチャーと打者としても活躍、準優勝に貢献します。

高校時代:作新学院で活躍

「地元の栃木で優勝したい」と栃木の名門校、作新学院に入学。

高校1年生
全日本少年春季軟式野球大会2021年 準優勝

高校2年生
センバツ高校野球2023年 ベスト8
明治神宮野球大会 2023年 準優勝

と活躍し、第二の江川やドラフト候補になるまでの現在に至ります。この記事では、

・【作新学院】小川哲平のwiki風プロフィール!
・小川哲平の出身小学校や中学校など
・小川哲平の球歴

についてお伝えしました。

スポンサーリンク