高梨沙羅 カラコン 

最近ますます綺麗になっていっている高梨沙羅さん!顔の印象がだいぶ変わったのは、カラコンのおかげもあるとは思います。

カラコンだけで、ずいぶん印象が変わりますもんね!!

これからスキーの季節になり、テレビに出る機会も増えてくるかとは思いますが、カラコンとなると、スキージャンプの時はそもそもコンタクトレンズは大丈夫なのか?

という疑問も湧いてきます。

この記事では、
■高梨沙羅のカラコンはどこのブランド?
■スキージャンプ場でコンタクトレンズは大丈夫?

ということでお伝えしていきます!



 

高梨沙羅のカラコンはどこのブランド?

最近とっても可愛くなりましたよね!光に当たるとわかりますが、瞳が茶色いですよね。

瞳の大きさも変わったのではないかと思います。カラコンをつけているとしたらおそらく14mmの着色直径の明るい茶色のレンズですね!

ただ、スキージャンプとなると視力はめちゃくちゃ大事!途中で取れてしまっては大事故になりかねません。

スキー場ではゴーグルをしているとはいえいろんなほこりやゴミが雪もが目に入ってきてレンズが傷んでしまうので、使い捨ての1daykコンタクトレンズでしょう。

ですのでカラコンのブランドと言うのは特定できませんでしたが、スポーツ用のコンタクトレンズもあって、色がついて眩しさを軽減したり、乾きにくい素材であったり、激しい動きでも取れにくいレンズもあるようです。

なので市販や通販のではなく、眼科でカーブが目にフィットするようにきちんと高梨さんにあったコンタクトレンズを装着しているはずです。

カラコンのブランドはわかりませんでしたが、楽天で人気のカラコンもご紹介しておきますね!!

カラコンはスキージャンプ場では大丈夫?

結論から言うと、カラコンはスキー場でも問題ありません。ゴーグルは装着必須ですね!コンタクトレンズサイトでは、このように言っています。

はじめてコンタクトレンズの使用を考えている方には、スキー場のようなとても寒いところで装用すれば凍ってしまうのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、心配無用です。動いている液体が凍ることはまずありません。しかし、ゴーグルは必ず着用してください。

引用 : Measis

やはりスポーツをしていると、メガネよりもコンタクトレンズを使用する方が多いですし、ウインタースポーツをする方が全員視力がいいとも限りませんから、こう言う事実を聞くと安心しますね。

寒いところでも、逆に湿度の高いサウナでも、今まで困ったことはないかな〜。

メガネも怖いし、裸眼でスキージャンプなんて恐ろしすぎる。

まとめ

この記事では、
■高梨沙羅のカラコンはどこのブランド?
■スキージャンプ場でコンタクトレンズは大丈夫?

ということで、調べたことをお伝えしてきました。

まだまだたくさんの表彰台に上るであろう高梨沙羅さん、これからも注目していきます!